◇ 特選ビデオ(これこそ,一本!)

 ()この特選ビデオは、単なる勝敗(優劣)を示するものではない。試合をする以上、勝敗は必然的に明らかになることが多い。しかし、剣の至言として「打って反省、打たれて感謝」の教えがあり、剣道の目的は勝つことだけではなく、人間形成にある。剣道を志す者が追求する”一本”とは⁉︎を問い、更なる精進の糧としていただきたい。


◇6年生卒業記念剣道強化大会

 2級の部決勝 矢葺(十河)対  坂口桃(仏生山)

ダウンロード
6年生大会(2級の部)決勝(矢葺対坂口桃).mp4
MP4動画/オーディオファイル 53.0 MB

 3級の部決勝 中條(牟礼)対  大藤(光龍館)

ダウンロード
6年生大会(3級の部)決勝 (中條 対 大藤)
6年生大会(3級の部)中條対大藤.mp4
MP4動画/オーディオファイル 44.3 MB

 4級以下の部決勝 泉(檀紙)対  吉田(光龍館)

ダウンロード
6年生大会(4級以下の部決勝)泉(檀紙)対 吉田(光龍館)
6年生剣道大会(4級以下の部決勝).mp4
MP4動画/オーディオファイル 55.6 MB

◇ 高松市剣道大会より

ダウンロード
6年生大会(2級の部)決勝(矢葺対坂口桃).mp4
MP4動画/オーディオファイル 53.0 MB
ダウンロード
小学生団体決勝〈大将戦〉新名(仏生山A)対 矢葺(十河A)
大将同士の鋭い技の応酬となると思われたが、主審の「始め」の発声で面に飛び込んだ矢葺の出ばなを新名が初太刀で出小手を決める。しかし、矢葺も怯まず攻め返して新名の面の起こりに小手から面で打ち勝ち面を返す。更に激しい攻防が続く。1分半過ぎ、主審の「始め」で迷わず飛び込んだ新名の小手からの面が決まる。
市剣道大会小学生決勝(大将戦).mp4
MP4動画/オーディオファイル 12.7 MB
ダウンロード
小学生団体決勝〈副将戦〉坂口(仏生山A)対 宮本(十河A)
互いに一歩も譲らない激しい攻防が続く。ややあって、つばぜり合いから互いに分かれた後、互いに「ここぞ!」面を打ち合うが一瞬先に打ち間に入った宮本が、わずかに速く坂口の面を捉えた。
市剣道大会小学生決勝(副将戦).mp4
MP4動画/オーディオファイル 9.8 MB
ダウンロード
小学生団体決勝(中堅戦)椎崎(仏生山A)対 坂口(十河A)
立ち上がりから激しい攻防が続く。ややあって、つばぜり合いから坂口が引き胴を打つ。その刹那追い込んで面に伸びようかとする椎崎より一瞬速く坂口の面が打突部位を捉えた。
市剣道大会小学生決勝(中堅戦).mp4
MP4動画/オーディオファイル 11.2 MB
ダウンロード
中学男子団体決勝(代表戦)中村(三木)対 吉倉(龍雲)
大将戦で勝負が決せず、大将同士の代表戦となる。互いに一歩も退かない両者の激しい攻防が続く。更に延長に入り5分過ぎ。両者が打ち合った後構えなおした刹那、やや下からあおるように打ち間に入った吉倉の飛び込み面が決まる。「勝負は一瞬!」とよく言われるが、掛かる気持ちの持続が如何に大切かを教えてくれる一本であった。
市剣道大会中学男子決勝(代表戦).mp4
MP4動画/オーディオファイル 12.2 MB
ダウンロード
中学男子団体決勝〈中堅戦〉布(三木)対 田中(龍雲)
「ここ一番」、思いっきりの良さには定評のある布、それに対して田中はその出ばなを狙ったいた。開始10秒、布がススーと打ち間に入り、捨てきった面を放つ。田中が一瞬「面返し胴?」か、と体が反応したが、すでに布が田中の面を捉えていた。一勝一敗の対に持ち込む価値ある一本であった。
2018,高松市剣道大会男子決勝戦(中堅戦).cld.mp4
MP4動画/オーディオファイル 7.9 MB
ダウンロード
中学男子団体決勝〈先鋒〉北川(三木)対 才田(龍雲)
いざ、「ここ一番」となると抜群の勝負強さを発揮する才田。北川も一歩も退かず積極的に技をしかける試合展開となる。2分過ぎ、北川の渾身の小手を巧みに巻き返して才田の面が見事に決まる。
2018市剣道大会男子決勝戦(先鋒戦).mp4
MP4動画/オーディオファイル 10.2 MB
ダウンロード
中学女子団体決勝〈大将戦〉木内(桜町)対 椎崎(龍雲)
勝負は決していたが、大将のプライドをかけた激しい試合展開となる。両者ともに積極的に技を仕掛け大将戦にふさわしい試合となる。2分30秒過ぎ、先をとって面に出た木内の面に椎崎の反応の良い擦り上げ面が見事に決まる。
2018市剣道大会女子決勝大将戦.mp4
MP4動画/オーディオファイル 10.4 MB
ダウンロード
中学女子団体決勝(中堅戦)北井(桜町)対 長尾(龍雲)
主審の「始め」と同時に長尾がスーと打ち間に入り、小手に打つ。その小手の気分で更に攻め入り、相手が一瞬下がった瞬間に更に小さく間合いを詰めて鋭く放った面が見事に決まる。初太刀の小手が有効打突に近い一本であったため、二の太刀の面が有効打突となった。上下を攻め分ける事の重要性を教えてくれる一本であった。
市剣道大会中学女子決勝(中堅戦).mp4
MP4動画/オーディオファイル 6.8 MB
ダウンロード
中学女子団体決勝(先鋒戦)宮本(桜町)対 谷村(龍雲)
谷村(龍雲)が「始め」の直後にススーと打ち間に入り、機先を制して面を決める。続いて主審の「二本目」発声とともに相手の小手を誘うかのようにして打ち間に入り、面を決る。「先々の先」と言われるが、初太刀を捕ることの重要性と、その気分を維持しての二の太刀の重要性を教えてくる見事な二本勝ちであった。
市剣道大会中学女子決勝(先鋒戦).mp4
MP4動画/オーディオファイル 13.1 MB